貸借対照表は、教科書通りの分析をしないこと

前回、損益計算書の読み方についての解説でしたが、今回は貸借対照表の読み方についてになります。

貸借対照表は、損益計算書よりも少し会計知識が必要になってくるので、少しだけ読み方の難易度が上がります。ただし、基本的なポイントを押さえていけば、経営者や経理以外部署の人でも練習を繰り返せば必ず読めるようになります。

読み方のポイントは、「教科書に書いてある比率分析をベースにした読み方をしないこと」です。今回はその読み方について解説します。

● 詳細は、Youtubeでの解説動画をご覧ください!